ビルシャナ戦姫考察【花と花言葉 一樹の風編】

オトメイト

前回に引き続きビルシャナ戦姫の花と花言葉についての紹介です。

一樹の風のアニメイト限定セットにて、ちびキャラ缶バッチ・アクリルキーホルダーでキャラと共に花の絵も描かれています。

今回はその中でもファンディスクの一樹の風にて正規ルートが追加された4人について触れていきたいと思います。

ネタバレありの記事となりますのでご承知おきください。

花言葉紹介

佐藤継信

最初は佐藤兄弟の兄、佐藤継信から紹介します。

継信は「藤」の花ではないでしょうか。

花言葉は「優しさ」「決して離れない」です。

優美で上品な藤の花は甘めで柔らかな継信の外見に似つかわしいように感じます。

瞳の色も藤と同じ紫色ですね。

またよく見ると下半身の小袴にも藤のような絵柄が入っているのを見つけることが出来ました。

継信は遮那が心の奥に持つ不安に気付き、寄り添う優しさを持っています。

戦でも必ず互いが生き残ることを誓い女性としての遮那も大切に思う継信は、彼女と決して離れないと心に決めていたことでしょう。

 

佐藤忠信

お次は佐藤兄弟の弟、佐藤忠信です。

忠信の花は「桔梗」ですね。

花言葉は「変わらぬ愛」

桔梗は源平飛花夢想の忠信エンドでも登場しています。

その際遮那が平泉を出るとしても共にあると伝えてくれた忠信からは、どのような未来になろうと変わらない愛を感じることが出来ました。

一樹の風の恋愛エンド後では宋という異国の地で生きることになりますが、2人ならば困難があろうとも前を向いて乗り越えていけることでしょう。

佐々木高綱

高綱の花は「梅」ではないでしょうか。

花言葉は「忠実」「忍耐」です。

頼朝様の忠実な部下である高綱。

高綱√序盤では彼に対し少し怖さを感じる部分もありましたが、それらは頼朝様への忠誠心から来る言動でしょう。

また平治の乱に源氏が敗れたことで落ち目になってしまった佐々木家に生まれた為、彼は幼い頃から忍耐を重ねて生きてきたのではないでしょうか。

梅は可愛らしい見た目とその香りで古来より人々の心を和ませてきた花かと思いますが、高綱も周囲を明るくする存在の為似ている部分があると言えるかもしれません。

 

平重衡

最後を飾るのは平重衡です。

重衡の花は「椿」と予想します。

この花言葉シリーズで何度か紹介している花ではありますが、彼には「気取らない優美さ」という花言葉がぴったりだと考えています。

どんな状況でも気負わず、平家の公達らしく優美さや色気も兼ね備える重衡らしい花言葉ではないでしょうか。

そんな重衡が生真面目すぎてしまう遮那を良い意味で振り回すのには2人の相性の良さを感じました。

気張らない重衡が上手く遮那ちゃんを緩めてくれていましたね。

友人同士のような、それでいて互いを補い合う関係性に惹かれました。

 

まとめ

今回の記事は以上となります。

特典グッズという形ではありますが、ツインパックパッケージの源平飛花夢想メイン5人だけでなく一樹の風の4人まで紹介することができて良かったです!

いつか花と共に描かれた4人の等身イラストも見てみたいところですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

〈参考サイト〉
🍀GreenSnap(グリーンスナップ)- 植物・お花好きが集まるコミュニティ

(Visited 146 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました